OKWAVE.JPを使った法人サービス

OKWAVE.JPを使った
法人サービスService Lineup for Business

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」の3,500万件以上のQ&Aコンテンツと
回答力をマーケティングやサポートコスト削減に活用いただけるソリューションを
ご紹介します。

広告出稿をお考えの方

OKWAVE 広告

問題を解決したい人、悩んでいる人に、ズバリ!
訴求できるのがOKWAVE広告商品です

Q&Aサイト「OKWAVE」には、検索サイト経由でやってくる多くのユーザーが、「問題を解決したい」という目的をもって集まっています。そこへ、問題解決策のひとつとなる貴社の商品・サービスを訴求できるため、ユーザーは自然に理解し受け入れ、購買・利用行動につながります。
人生の様々なステージで悩んでいるユーザーが集まる「OKWAVE」では、ライフサイクルに合わせた訴求が可能です。

OKWAVE 広告

専門家・企業回答をお考えの方

OKWAVE Professional

みんなの質問に、各分野の
専門家が回答するQ&Aサービス

1999年に生まれたOKWAVEには、今も毎日質問が投稿されています。
その質問の中には専門的な知識を有した方にしか回答できないようなとても難しい内容の質問が多くあります。

OKWAVE Professional(プロフェッショナル)とは、専門家の皆様がそのような質問に回答する仕組みであり、困っている質問者に的確な回答を行うことにより、回答が評価され、専門家としての認知向上、さらにその先には新規の顧客獲得に結びつけることが出来るサービスです。

OKWAVE Professional

コミュニティの活用をお考えの方

Support Community Cloud

自社製品・サービスのQ&Aをまとめた
「テーマ」ページをサポートやマーケティングに活用できるサービス

「Support Community Cloud」とは、日本最大級のQ&Aサービス「OKWAVE」に投稿された3,400万件以上のQ&Aを、自社のサポートやマーケティングに活用できるオンラインサービスです。
「OKWAVE」には、15年以上にわたり一般利用者から投稿されたQ&Aを、企業名や商品名・サービス名などで分類しまとめた「テーマ」ページがあります。「Support Community Cloud」サービスを利用することで、自社製品・サービスのテーマオーナーになることできます。また、テーマ内の解決状況が「解決数」「金額」としてダイレクトに見える管理ツールも提供いたします。

富士通テーマページ

コミュニティの活用をお考えの方

QA Partner

お客様サイト内に「OKWAVE」と同様の
Q&Aサイトを作ることができるサービス

「Q&Aサイトを作りたいけれど自社で0から構築するのはリソースが・・・」
というお客様のお悩みを解決できるサービスがQA Partnerです。
「質問」「回答」ができるOKWAVE同様のQ&Aコミュニティ機能をお客様に提供し、「お客様サイト内のQ&Aコンテンツ」として開設できます。
このサービスの1番の特長は「OKWAVEと同期していること」です。
同期することにより、
・NG投稿のチェック
・回答や質問を増やすための企画
・ユーザー同士のトラブル対応
・サーバ構築/運用/保守
などお客様内でQ&Aサイトを開設する際にハードルとなる部分はOKWAVEにお任せください。
また、お客様サイトのIDとOKWAVE IDを連携させる「認証連携」、Q&Aページの内容に適切な回遊用のリンクを表示する「Q&Aマッチ」など数々のオプション機能もご用意しておりますので、お客様のニーズに合わせたQ&Aサイト構築も可能です。

質問!ITmedia

コミュニティの活用をお考えの方

OKBIZ. for Community Support

企業サポートの新たな自己解決型チャネルとして
圧倒的な回答力を誇るユーザーコミュニティツール

繁忙期・ピークタイム、営業時間外、自社サポート範囲外のお問い合わせを顧客同士で問題解決するサポートチャネルが注目されています。
ユーザーコミュニティツール「OKBIZ. for Community Support」をご導入いただいた後、来訪された企業ユーザー様の質問には日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」の多くの会員が回答者として回答を投稿する仕組みとなります。
スマートフォン、タブレット端末の普及に伴うサポートのマルチチャネル化が進み、いつでもどこでも、すぐに問題解決をしたいというお客様が増えています。従来の電話やメール、FAQによるWebサポートなど公式チャネルでは対応できない「企業サポート対応外」の問い合わせにも対応できるのが、ユーザーコミュニティの強みの1つです。
OKBIZ. for Community Supportを活用し、サポートサイトにQ&Aコミュニティ型の質問箱(相談箱)を開設し、Q&Aサイト「OKWAVE」の回答力を有効活用することで、お客様同士の助け合いによる問題解決を促進し、CS向上やサポートコスト削減を実現します。

質問!ITmedia