2016年10月24日

FAQ/お問い合わせ管理システム最新版『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support Ver.7.12』を発売

顧客との関係性をより強化するCRM関連の新機能を搭載し、コスト削減とCS向上を実現

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、新機能を多数搭載したFAQ/お問い合わせ管理システムの最新版『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support Ver.7.12』を2016年10月24日に発売しました。


press_1024
『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support』は、「FAQ」(よくある質問とその回答)を活用して、顧客からのお問い合わせ対応業務の平準化と効率化を図り、サポートコストの削減ならびにCS(顧客満足度)の向上や売上の促進を支援するFAQ/お問い合わせ管理システムです。
新たに発売を開始した最新版の『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support Ver.7.12』(以下、『OKBIZ. Ver.7.12』)では、顧客との関係性をより強化するCRM関連の新機能を数多く搭載しました。
とくに顧客向けには新たに「マイページ機能」を搭載。過去のお問い合わせや、お気に入り登録したFAQ、プロフィール情報などをマイページ上で確認できるようにしました。
オペレーター(サポート業務従事者)ならびに管理者向けには、顧客にサポート情報などを一斉発信できる「連絡インシデント作成機能」を搭載しました。これにより、顧客に対してより積極的なサポートの提供やマーケティング用途にも活用できます。この他にも顧客プロフィールをCSVデータにてインポートできる機能、顧客のアカウントの詳細な設定機能など、お問い合わせ対応業務を通じた顧客との接点を強化する機能追加を行いました。
また、お問い合わせ対応業務の生産性を向上させる新機能として、お問い合わせ受付時に、予め条件を指定して、設定した対応を自動で実行する「自動ルール処理機能」を搭載しました。他にも、作成した複数のFAQを一括で公開できる「FAQ一括処理機能」などを実装し、業務効率の向上に寄与します。
上記以外にも、顧客のスマートフォンからのFAQサイトの利用拡大を鑑み、スマートフォン用FAQサイトでの検索機能の充実化も図っています。

『OKBIZ Ver.7.12』は、お問い合わせ頻度が比較的高い製造業やECなど主にBtoCのビジネスを展開している企業や販売代理店を多数抱えるBtoBのビジネスを展開している企業、また、FAQを顧客サポートのみならず、マーケティング部門での活用を検討している企業向けに提案を促進していきます。

オウケイウェイヴでは、『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support』を通じて、企業と顧客の関係においてスムーズで分かりやすい情報の提供や問題の解決方法の提示が必要な様々な場面でのFAQやQ&Aを活用したトータルソリューションを今後も提供していきます。

『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support』について
『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support』は、FAQの作成・編集・承認・公開における手順を、米国最大のヘルプデスク業界団体のHDIと共同で策定した「FAQ Management」に準拠するとともに、独自の特許技術(特許第4512103号)を保有するFAQ/お問い合わせ管理システムです。HTMLの知識がない担当者でもFAQサイトの作成や更新作業をWebブラウザ上から簡単に行えます。『OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support』の導入により平均30%のお問い合わせを削減する効果が出ています(オウケイウェイヴ調べ)。国内大手企業、自治体を中心に国内トップシェアとなる360サイト以上が利用。また、使い勝手が認められ、2005-2006 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)を受賞しています。

お問い合わせ先
お問い合わせ/資料請求

※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。