所長メッセージ

OKWAVE総合研究所

OKWAVE Research Institute

所長メッセージ

Q&Aには発見がいっぱい。

ソーシャルメディアの普及や、情報獲得手段の多様化により、人々の価値観は細分化され、求められるものも変わってきました。
企業にとって顧客の声(VOC)を積極的に収集し活用することが、ビジネスの拡大に必要不可欠になってきたという事です。
しかし、VOCを収集する手段は限定的で、更にデータを分析し活用するための時間やノウハウがない、といった課題があります。そのため、悩みや課題を抱えている顧客がいても、応えることが難しいのが現状です。

我々は、VOC分析によって、世の中に足りていないもの、求められているものを可視化します。それらを企業に提供し、製品やサービス、コンテンツといった 形で問題解決をすることで、より住み良く、すべての人が幸せになれる世界を実現したい。そういった想いから、OKWAVE総合研究所を設立致しました。

OKWAVEは1999年にスタートし、今日では3,500万件以上のQ&Aが集まるサービスに成長しました。OKWAVEに集まった商品やサー ビスに関する「疑問」「悩み」は、裏を返せば企業に対してのリアルな「改善要望」「ニーズ」であると言えます。更に、そこで生まれている回答は、「疑問」 「悩み」を解決するためのヒントです。Q&Aデータは、『何が求められていて、それにどう応えるか』といった、企業の皆様が今まさに必要としている情報そのものではないでしょうか。

OKWAVE総合研究所は、VOC分析を通じて企業にとっての顧客理解を一歩前進させるサポートを致します。そしてそれこそが、オウケイウェイヴサービスを利用してくださっているユーザーの皆様をはじめとした、すべての人々の幸せにつながることと信じております。
OKWAVE総合研究所のVOC分析データを、是非皆様の活動にお役立て下さい。

OKWAVE総合研究所
所長 佐藤 哲也