2016年4月26日

Q&Aサイト「OKWAVE」に投稿された30代・40代男性の質問を調査

株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」に蓄積したビッグデータを基にVOC(顧客の声)分析等を実施するOKWAVE総合研究所にて、当社が開発したAI「KONAN(コナン)」を用いて30代男性ならびに40代男性からの「質問」の傾向を分析しました。その結果、10年前と比べて30代、40代ともに女性や結婚に関する悩みや相談が増加していることが分かりました。


press_0426今回の調査では、2013~2015年の3年間と2003~2005年の3年間の、30代男性ならびに40代男性から投稿された全質問を、AI「KONAN」を用いてそれぞれ10のグループに分類し比較しました。
30代男性の2013~2015年と2003~2005年の質問の傾向を比較すると、2013~2015年は女性・結婚に関する悩みが2003~2005年よりも大きく増加していました。また、2013~2015年になると、2003~2005年にはあまり見られなかった車の事故や車の保険に関する質問が多く寄せられていることが分かりました。2003~2005年から2013~2015年にかけて相対的にPC関連の質問が減少しました。
40代男性の2013~2015年と2003~2005年の質問の傾向を比較すると、30代男性よりもこの10年での質問の傾向の変化がより顕著でした。30代男性と同様に2003~2005年から2013~2015年にかけて相対的にPC関連の質問が減少した一方、会社関連の質問が増加しました。また、質問内容も2003~2005年は仕事内容に関わるものが多かったのに対し、税金や仕事にまつわる金銭に関する質問が増加しており、同じ会社関連でも質問内容にも変化が見られました。会社関連に続いて、女性・結婚・離婚に関する質問が2003~2005年よりも大幅に増加しました。この他、健康・病気に関する質問、車に関する質問が2003~2005年よりも増加していました。
2013~2015年の30代男性、40代男性の質問傾向にはそれほど差がなく、共に2003~2005年と比べて、PC関連の質問の減少、女性関係と、車の事故に関する質問の増加が特徴的でした。PC関連の相談のように、設定方法や使い方などの「正解」を求める質問よりも、人間関係や普段経験しないことへの対応方法など、質問内容がより深刻化していたり、アドバイスを求めるようなものへと変化していることが伺える結果となりました。

オウケイウェイヴでは、「OKWAVE」の3,400万件以上のQ&Aデータを基にディープラーニングを施したAI「KONAN」を用いてVOC(Voice of Customer/顧客の声)分析等を行うOKWAVE総合研究所を通じて、今後も社会性や時事性の高いテーマを取り上げ、ユーザーが疑問、悩みを解決し合える場で生まれたやり取りを調査分析し、レポートしていきます。Facebookページにてインフォグラフィックでわかりやすくレポートするほか、法人向けにはより専門的な分析手法を用いた「VoCカスタム分析レポート」を用意しています。

質問傾向の比較
<30代男性>

2003~2005年 2013~2015年
Topic 1 会社・仕事 女性・結婚・子供
Topic 2 PCの設定・接続方法 会社・仕事
Topic 3 インターネット PCの接続方法
Topic 4 ソフトウェアの設定方法 プログラミング
Topic 5 女性・結婚 動画・写真
Topic 6 高額商品の購入 車の事故・保険
Topic 7 デジタルライフ 病院・薬
Topic 8 エンタメ マネー
Topic 9 住宅ローン 外国語・旅行
Topic 10 余暇・旅行 Excel等の計算

<40代男性>

2003~2005年 2013~2015年
Topic 1 会社・仕事 女性・結婚・子供
Topic 2 PCの設定・接続方法 会社・仕事
Topic 3 インターネット PCの接続方法
Topic 4 ソフトウェアの設定方法 プログラミング
Topic 5 女性・結婚 動画・写真
Topic 6 高額商品の購入 車の事故・保険
Topic 7 デジタルライフ 病院・薬
Topic 8 エンタメ マネー
Topic 9 住宅ローン 外国語・旅行
Topic 10 余暇・旅行 Excel等の計算

30代男性の質問例(順番にTopic1、6の質問例)

2013-15年に投稿された30代男性からの質問データ
結婚の段取りでこじれてしまい、最悪このままでは破談にもなりかねない状況です。どうか、皆様のご意見を聞かせて下さい。
まず、お互いの家族の構成は次の通りです。
私の家族構成
父 60代会社員 子供思いな性格。
母 50代会社員 ドライな性格。
私 30代会社員 未婚 10年ほど前から一人暮らし
ここで何度か、この事故の事で相談に乗ってもらってるんですが、だんだん不安になってきました。相手は信号無視の事実も認め、その場で謝罪してきました。ケガも確認したところ、スリ傷程度で大丈夫とのこと。警察を呼ぼうとすると強く拒まれ、相手は事故現場から去りました。私は、1人で警察を呼び事故の状況を説明しました。

40代男性の質問例(順番にTopic1、2、4、5の質問例)

2013-15年に投稿された40代男性からの質問データ
引き継ぎの書類がなければ住民税、所得税などの料金が決まりませんのでC社の経理は何をもって税金の金額を決めるのかが、分からないと言われました。
C社に問い合わせた所、C社は年俸制の契約社員なので、来年平成27年度に支払う給料は固定されているので大丈夫との話でしたが、そもそも住民税、所得税は前年実績から決まるものであると認識しているのですが、それは間違い無いでしょうか?
離婚して楽になりたい、と思う一方、この年で離婚してどうなるんだろう、転落の一途か?とも思います。
離婚すべき、すべきでない、ご意見をお願いします。
院長先生に、「受診時点による、血圧と体重」として、測って、カルテへの、記録と合わせて、経過観察して貰う」体制で、この4~5年程は、過ごしてます。
そこで、質問したいのは…「脳内出血は、「高血圧で、興奮する等して、血管が破裂すれば、患う事がある」と、時々聞く事がある。あれば、多くあると思うので、一ツだけで構わないが、脳内出血以外で、高血圧も、原因の一ツとして、患い易い病気は、何があるか?
契約時は走行80キロ程度だと電話で聞いていて、契約書には100キロと書いてありました。
しかし、引き渡し後に車のメーターを見ると250キロあまり走行していることがわかり、ディーラーに問い合わせをしたところ、原因を必ず追及し回答しますと言ったまま1か月が過ぎました。

※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。