2016年6月2日

災害復興支援の一環として、熊本県にQ&Aナレッジツールを提供

2016年4月14日及び4月16日に発生した熊本地震にて亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、平成28年熊本地震(以下、熊本地震)への当社の災害復興支援の一環として、熊本県からの要請により、県職員同士の情報共有・意見交換のためのQ&Aナレッジツールを無償提供しました。


熊本県では、被害の大きかった市町村において、被災された方々からの相談をワンストップで受け付ける窓口の設置を検討してこられました。多種多様で複雑化する相談に速やかに対応するためには、その方が抱える疑問やその解決策を瞬時に共有し、職員全体で相談窓口職員を支えることが必要です。そうした環境を構築するため、約4,100人の熊本県職員(被災市町村への応援職員含む)が情報共有・意見交換する場としてQ&Aナレッジツールによるコミュニティを開設しました。
このQ&Aナレッジツールは当社FAQシステム「OKBIZ.」を基盤としており、職員の方々にのみご利用いただきます。

熊本県ならびに県内市町村の方々が一丸となって、熊本地震への対応に取り組んでおられます。当社では、今後も熊本地震の復興支援活動を継続してまいります。被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。