2016年10月12日

Q&Aサイト「OKWAVE」から生まれた「今週、妻が浮気します」が韓国JTBCにて新作連続ドラマ化

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、書籍化、連続ドラマ化されて話題となった「OKWAVE」のQ&Aコンテンツ「今週、妻が浮気します」が、新たに韓国JTBCにて連続ドラマ化され、2016年10月28日より放送開始されることをお知らせします。
韓国JTBCが放送する連続ドラマ「今週、妻が浮気します」(原題:「이번 주, 아내가 바람을 핍니다」)は、「OKWAVE」のQ&Aコンテンツを原作に、現代の韓国社会に舞台を移し替えた内容となります。

本ドラマの原作のQ&Aコンテンツは2004年に「OKWAVE」に投稿され、当時から大きな話題となりました。

「実は、妻がW不倫をしています。…今週、地方から、彼が上京し、会うのを知ってしまったのです。…今は、そのホテルに乗り込み、何かしらの決着をつけようと思っています。それは正しい方法でしょうか?」

夫婦間に生じた悩みを質問した質問者と回答者らの、はじめは純粋な「質問」と「回答」とそれに対する「お礼」コメントの繰り返しだったものが、いつのまにかストーリー性を備えていき、ついには幸福な結末を迎えるに至りました。ネット上で閲覧した方々が「夫婦関係について考えさせられた」、「勇気づけられた」というこの“物語”は、「夫婦のほんとうの愛情とは何か」を問いかけるものとして、投稿が締め切られた後にも話題になりました。そして2005年に書籍化(「今週、妻が浮気します」中央公論新社)、2007年には連続ドラマ化(「今週、妻が浮気します」フジテレビ)され、さらに話題となりました。

この投稿の舞台となった「OKWAVE」は、ユーザーがある時は質問者となり、ある時は回答者になるという、相互の助け合いの気持ちで形成されたQ&Aサイトです。PCやスマートフォンなどのデジタル機器のトラブル相談から美容・健康相談、保険やお金にまつわること、さらには人生・恋愛相談に至るまで、様々な質問と回答と感謝の言葉が飛び交い、日々、互い助け合いの場が広がっています。
同時に、年齢、性別、職業などを異にする様々な人々から寄せられる回答の中には、現在の日本における様々な価値観のあり方が凝縮されています。「今週、妻が浮気します」という質問の一連の投稿の中にも、夫婦観や家庭観、浮気や離婚に対する様々な価値観が凝縮されています。さらに今回、韓国でのドラマ化となることで、日本とは異なる社会背景のドラマとして、どのように描かれるのかにも注目です。

■番組概要
番組タイトル: 「今週、妻が浮気します」(原題「이번 주, 아내가 바람을 핍니다」)
放送日: 2016年10月28日(金)より、各話70分、全12話
監督: キム・ソクユン(JTBC「錐」、映画『朝鮮名探偵』シリーズ他)
脚本: イ・ナムギュ(JTBC「錐」、JTBC「清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます」、映画『朝鮮名探偵』シリーズ、KBS「オールドミスダイアリー」他)
出演: イ・ソンギュン、ソン・ジヒョ、イ・サンヨプ、クォン・ボア(BoA)
制作会社: ドラマハウス
放送: JTBC
ストーリー:  “スヨン、今週の土曜、OOOホテルの部屋を取りました。早くあなたに会いたい。−マイケルより”
偶然、妻スヨンのメールを開いたヒョヌ。良妻賢母のスヨンが浮気するはずがないと思った。自らが良い夫、良いパパだと信じていたから、こんなことが自分に起こるとは夢にも思わなかった。だから、スヨンには何も聞けなかった。
会社の指示により、泣く泣く「妻の不倫取材番組」の制作を担当することになったヒョヌ。
「突然、携帯電話をロックするようになるんです」「飲み会の数が増えて、口紅や下着の色が派手になるようです」
番組制作を進めるにつれて、スヨンの浮気は確実なもののように思える。周りの人に他人の話として聞いてみるが、やはり大した収穫はない。
「今週、妻が浮気します。僕はどうすればいいでしょう?」
苦しい気持ちを匿名が保障されるSNSに率直に打ち明けてみたりもする。
そして…ついに見てしまった。夜遅く、知らない男の車から降りて車窓から出した手を握るスヨンを…。スヨンの切ない目つきを。
そして、D-DAY
ヒョヌは今、ホテルの廊下にいる。閉じられたドアの向こうには、妻スヨンとスヨンの恋人がいる。ヒョヌはとても恐れている。ドアの向こうの二人に向き合うことに。
写真クレジット: ©JTBC co.,Ltd all rights reserved


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。