2017年6月15日

MVNO関連サポートサービスの提供を開始

MVNO向けスマートフォン端末レンタルサービス「かりスマ」サポート

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任、以下、OKWAVE)と株式会社オーバー・ザ・エアー(本社:東京都港区、代表取締役社長:太田 清久、以下、OTA)は、OTAがMVNOと協業して提供するスマートフォン端末レンタルサービスである「かりスマ」(※1)のサービス開始にあわせて、両社が協業し、2017年6月15日よりMVNO関連サポートサービスの提供を開始しました。

https://faq.karisuma.com/


このたび提供を開始するMVNO関連サポートサービスは、OTAのスマートフォン端末レンタルサービス「かりスマ」の利用者向けサポートを通じて、「かりスマ」とともに利用されるMVNOサービスに関するサポートサービス向上の支援と利用拡大に貢献する取り組みです。
第1弾として6月15日よりOKWAVEのFAQシステム「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」(※2)を用いて、「かりスマ」サービス全般に関するFAQ(よくある質問とその回答)を中心としたWebサポートを提供します。
また、第2弾として、6月末より「かりスマ」端末向けのサポートアプリを提供します。
さらに、今後、Q&Aサイト「OKWAVE」を活用したコミュニティーサポートやOKWAVEのAI「KONAN」を活用したAIサポートサービスなども提供していく予定です。

日本国内におけるモバイル回線市場は、今後の成長の担い手として、独自SIMカード(※3)を低価格で提供するMVNOへの期待が高まっています。“格安スマホ”などに代表されるMVNOサービスの契約数は2016年12月末には1,485万となり、前年同期比27.7%の伸びを示しています(「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成28年度第3四半期(12月末))」)。総務省ではモバイル回線の低価格化を進めるためMVNOの規制緩和を進めています。
一方で“格安スマホ”、“格安SIM”という表現に示されるように、MVNOには“格下”という印象がつきまといがちです。
このたびの両社の取り組みを通じて、サポートサービスを充実させることで、ユーザーのMVNOに関する不安や疑問を払拭し、利用促進を図ります。

※1 「かりスマ」は、人気の高いスマートフォン端末をレンタルの形態にて、割賦で購入するよりも安くかつ使い勝手を工夫して提供するサービスです。利用者は高額な端末代を支払うためのローン(割賦)を組む必要がなく、好きな機種を好きなだけレンタルでご利用いただき、最低利用期間経過後は「かりスマ」内で自由に機種を交換できることはもちろん、気に入らなければレンタル契約を解約することもできます。「かりスマ」は、MVNO各社が提供する利用者の使い勝手に合わせたコストパフォーマンスに優れた通信回線と共に、利用者のスマホ利用料金の引き下げに貢献します。
https://karisuma.com/

※2 「OKBIZ. for FAQ / Helpdesk Support」は、米国最大のヘルプデスク業界団体HDIと共同で策定した「FAQ Management」に準拠し、独自の特許技術(特許第4512103号)を保有するFAQ/お問い合わせ管理システムです。FAQサイトの作成や更新、お問い合わせ対応業務をWebブラウザ上から簡単に行えます。平均30%のお問い合わせを削減する導入効果が出ています(OKWAVE調べ)。国内トップシェアとなる400サイト以上が利用。2005-2006 グッドデザイン賞(商品デザイン/ソフトウェア部門)を受賞しています。
https://www.okwave.co.jp/business/service/biz-faq-helpdesk/

※3 SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯電話やスマートフォンが通信するために必要なICカードです。

■株式会社オーバー・ザ・エアーについて
地球環境に優しいこれからのIoTを支援するベンチャーとして、平成28年9月9日発足。
スマホやLTEルータ等の無線通信機器のレンタルサービスや、これらの機器を再利用してローコストでIoTを構築するシステムインテグレーション、各種ソフトウェアやアプリ開発、AIを利用したカメラシステムの提供、画像認識、データ分析、クラウドサービスの提供など、これまで培った経験と最新の技術を応用して幅広いIoT分野においてシステム設計、システム販売・レンタルを提供する他、決済端末の販売・レンタルも行ってまいります。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。