2017年11月27日

ABCテクノロジーとセキュリティ対策を強化する研究開発本部の新体制を発足

ブロックチェーン技術者を養成する部門の発足など、新技術への取り組みを強化

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、2017年12月1日より、ブロックチェーンを始めとする新技術への取り組みならびにセキュリティ対策の強化を柱とした当社研究開発本部の新体制を発足します。


新たな研究開発本部では、Q&Aサイト「OKWAVE」やFAQシステム「OKBIZ.」など、当社の製品サービスにおけるコア技術と位置づける「ABCテクノロジー」(AI技術、ブロックチェーン技術、チャット技術の頭文字を取った呼称)ならびに、より安心・安全に製品サービスを利用いただくためのセキュリティ対策を推進し、当社の理念である「互い助け合いの場の創造を通して物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指していきます。

研究開発本部の新体制は以下の通りです。

1.新VP of Engineeringには創業初期から当社技術開発を牽引してきた加藤義憲が就任
「OKBIZ.」初期バージョンの開発をはじめ、当社が日米で取得したAI関連特許技術の開発者である加藤義憲がVP of Engineering(Vice President of Engineering)に就任し、研究開発本部を管掌します。
上記に伴い、Q&Aサイト「OKWAVE」の拡大、FAQシステム「OKBIZ.」の品質向上、AI「KONAN」の立ち上げ、「OKWAVE-CSIRT」設立などに尽力した取締役研究開発本部長の浅川秀治は退任します。

2.ブロックチェーン技術者を養成する部門を新たに発足
当社研究開発本部内にブロックチェーン技術者を養成する部門を新たに発足します。当社では研究開発本部の全スタッフ(約50名)がブロックチェーン推進協会(BCCC)の実施する「ブロックチェーン大学校」の講座を修了していますが、ブロックチェーン技術開発の場を設け、さらにブロックチェーン技術を推進していく考えです。

3.外部有識者をエグゼクティブアドバイザーに起用
「ABCテクノロジー」の推進、セキュリティ対策の強化を進めるにあたって、それぞれの分野の有識者をエグゼクティブアドバイザーとして招聘します。「ABCテクノロジー」の推進においてはシビラ株式会社Co-Founder & COOの篠原裕幸氏をテクノロジー・エグゼクティブアドバイザーに迎えます。とくに篠原氏のビットコインおよびブロックチェーンへの知見を研究開発に活かしていく考えです。セキュリティ対策の強化においては株式会社アスタリスク・リサーチ代表取締役エグゼクティブ・リサーチャの岡田良太郎氏をセキュリティ・エグゼクティブアドバイザーに迎えます。同氏のネットセキュリティ領域における幅広い知見を研究開発ならびにCSIRT(Computer Security Incident Response Team)の活動に活かしていく考えです。

 

■加藤 義憲(かとう よしのり)について

株式会社オウケイウェイヴ 研究開発本部VP of Engineering
NTT東日本にて開発者を経て、2000年8月に株式オウケイウェイヴに入社。企業向けのFAQシステム「OKBIZ.」初期バージョンを開発。その後も製品サービスの開発に携わったほか、近年ではOKWAVE総合研究所にてビッグデータを活用した当社独自のVoC(Voice of Customer)分析手法の確立、さらには米国でのAI技術を用いたQ&Aマッチングの開発により日米で技術特許を取得(特許番号:第5885689号)しています。

■篠原 裕幸(しのはら ひろゆき)について

シビラ株式会社 Co-Founder & COO
幼少期からMacintoshに親しみ、プログラマーとなる。90年代後半にアメリカ西海岸へ訪れたことをきっかけに、19歳で起業。モバイルアプリ、クラウドホスティング、IoT 半導体など、インターネット関連の複数のスタートアップに携わり、日本、シンガポール、台湾、アメリカで起業をする。
ビットコインの登場以降は、非中央集権社会を実現するそのテクノロジーに感動を覚え、ビットコイン及びブロックチェーンの事業に力を注ぎ始める。2013年にはビットコイン関連ニュースサイトBitBiteCoin.comを立ち上げ、2015年には IoT 市場をターゲットとして「自律分散データ経済圏」の実現を目指すブロックチェーン研究開発企業 のシビラ株式会社を共同創業。複数のBitcoin関連企業のアドバイザーを務めている。

■岡田 良太郎(おかだ りょうたろう)について

株式会社アスタリスク・リサーチ 代表取締役 エグゼクティブ・リサーチャ
メーカー系研究所、コンサルティングファームの勤務経験を経て、現在、行政機関、教育機関、金融、ヘルスケア、ITサービス業種の企業において、サイバー攻撃に強いビジネス・システムのセキュリティを推進している。さらにシステム堅牢化の推進で知られるHardening Projectや、アプリケーションセキュリティの国際的な団体OWASP のJapanチャプターでリーダーシップをとっている。ビジネス・ブレークスルー大学(学長: 大前研一)講師として「教養としてのサイバーセキュリティ」を担当。CYDER実行委員(総務省)、脆弱性の取り扱い検討WG委員(IPA)を務める。CISA, MBAを保持。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。