2018年1月11日

仮想通貨交換業の登録申請に関するお知らせ

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:兼元 謙任)は、仮想通貨を当社が提供するサービス上で取り扱うことならびにICO(Initial Coin Offering)の実施に関する検討の過程において、このたび金融庁に対し仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定いたしました。


当社は2017年11月28日に電子トークン販売による資金調達方法であるICO実施に向けて検討を開始することを公表しました(※1)。
当社は、当社が運営するQ&A サイト「OKWAVE」の利便性をさらに高めるため、有料で専門家回答者に質問を行うことができるブロックチェーン・エクスパート・ネットワークを構築する新サービスの開発を企図しています。このサービスは、ユーザーが回答に対しトークンを支払うことを通じて質問と回答の価値を評価でき、ブロックチェーンによる認証とAIによる質問と回答の知識マッチングを特徴とします。当社は、その開発ならびに同サービスの利用促進のための資金の調達方法の一つとして、ICOの実施を検討しております。
当社はICOの実施の検討を進める中で、当社自身が仮想通貨交換業者としての登録を行った上でこれらを実施することが適法かつ適切であると判断し、金融庁に対し仮想通貨交換業の登録申請を行うことを決定いたしました。

なお、当社は2017年10月27日に、マレーシアの当社子会社であるOKfinc LTD.を通じてシンガポールのWowoo Pte.Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Fujimaru Nichols)への出資を公表し(※2)、同社が「感動の価値化」をコンセプトに開発・提供するICOソリューションの利用を検討しております。
これにつきまして、まずは当社自身の仮想通貨交換業登録の実現に向けて注力することとしますが、引き続き、当社の目指す「質問と回答の価値を評価」する仕組みと同社の掲げる「感動の価値化」との相互連携の検討のために、同社との協力関係を維持しつつ、当社の仮想通貨交換業の登録後の状況に応じては、資本業務提携の範囲に変化が生じる可能性があります。当社及びWowoo Pte.Ltd.双方にとってベストな事業領域で両社の強みを活かした協業の実現を図ることで、当社の企業価値向上に努めてまいります。

※1 プレスリリース「シンガポールのICO事業者Wowoo Pte.とICO実施に向けて検討を開始」
※2 プレスリリース「当社子会社を通じ、海外ICOプラットフォーム事業会社Wowoo Pte.に出資」


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。