2018年7月25日

OKWAVEオリジナルブロックチェーン『Thor’s Hammer(トゥールハンマー)』開発を開始

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)は、オリジナルブロックチェーン技術プラットフォーム『Thor’s Hammer(トゥールハンマー)』(以下、『トゥールハンマー』)の開発を開始します。



当社はAI、ブロックチェーン(Blockchain)、チャット(Chat)の頭文字を取った「ABCテクノロジー」をサービス開発におけるコア技術と位置づけています。なかでも、ブロックチェーンの開発および実用化の取り組みは2016年より行っており、実証実験を経て子会社を通じたブロックチェーン・ベースのサービスの提供も行っております。
このたび開発を着手した『トゥールハンマー』は、仮想通貨ビットコインのブロックチェーンやブロックチェーン・ベースのスマートコントラクトシステム(※)などにおいて、認証(マイニング)にかかる時間とコストの問題を解決する当社オリジナルのブロックチェーンプラットフォームです。
『トゥールハンマー』はサイドチェーンと呼ばれる複数のブロックチェーン同士を結合させる機能と、当社開発のAI「KONAN」を組み合わせ、よりセキュアな認証とマイニングのコストと時間の縮小とを図ります。
当社では「仮想通貨による送金」「契約/権利の管理」「物流/トレーサビリティ」といった不可逆な記録性が求められる領域での活用を視野に、今後、年内に実証実験を行い、オープンソースソフトウェア(Open Source Software/OSS)化を図ります。そして2019年中に当社サービスへの適用を行う考えです。

当社は、「互い助け合いの場の創造を通して物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを実現するため、先進的な技術開発に積極的に取り組んでまいります。

※スマートコントラクトシステムとは、契約(コントラクト)に関する諸事項を第三者に介在させずにシステム上ですべて処理する仕組みです。ブロックチェーン技術の特徴である改ざんが極めて困難な堅牢性により、決済期間の短縮や不正防止、仲介コスト削減に寄与することが期待されています。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。