2018年7月25日

当社子会社OKfincとOctave Venturesが戦略的業務提携を締結

サイバーセキュリティ技術領域への投資を目的に相互協力

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)の海外子会社OKfinc LTD.(本社:マレーシア連邦領ラブアン、CEO:松田 元)は、サイバーセキュリティ技術領域への進出と投資を目的に投資会社のOctave Ventures(本社:米国デラウエア州、Manager: Michael Kim)との戦略的業務提携を2018年7月25日に締結しました。

当社はAI、ブロックチェーン(Blockchain)、チャット(Chat)の頭文字を取った「ABCテクノロジー」をサービス開発におけるコア技術と位置づけてきました。また、サイバーセキュリティ(Cyber Security)対策についてもCSIRTの設立をはじめ積極的に実践してきました。
OKfincでは仮想通貨関連コンサルティングやブロックチェーン技術を主軸とする仮想通貨関連事業を手がけており、これらの事業を推進するにあたりサイバーセキュリティ技術の確保を目指しています。
このたびのOctave Venturesとの業務提携により、豊富な知見と投資判断力を有するOctave Venturesと協力し、サイバーセキュリティ技術をもつ企業の発掘と投資などを行っていく考えです。

Octave VenturesはPayPal(ペイパル)創業者として知られるピーター・ティール氏の支援を受けながら、数多くの投資実績をもつ投資会社です。

当社グループは今後も「OKWAVE」の運営で培ったQ&Aデータベースとブロックチェーン技術をはじめとする当社技術を活用した事業とサービスを提供するため、様々な協業を行ってまいります。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。