2018年8月20日

海外孫会社OK BLOCKCHAIN CENTRE、マレーシア工科大学と提携

ジョホール・バルのブロックチェーンの開発特区を目指し、共同研究を開始

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)の海外孫会社OK BLOCKCHAIN CENTRE SDN. BHD.(本社:マレーシア・ジョホール州、CEO:松田 元、以下、OBC ※1)は、マレーシア工科大学(Universiti Teknologi Malaysia、以下、UTM)とブロックチェーンの共同研究に関する提携を2018年8月20日に締結しました。


「メディニ9」でのUTMとの記者会見の様子(2018年8月20日開催)

このたびのOBCとUTMの提携は、ブロックチェーン技術のさらなる発展と、マレーシア社会におけるブロックチェーン技術の認知ならびにデジタル経済の普及を目的としています。そのためOBCとUTMの共同プロジェクトおよび教育・普及活動を行います。合意内容は下記となります。

  • ブロックチェーン技術に関する情報と専門知識の共有
  • ブロックチェーン・ベースのソリューションの利用
  • 学術資料や情報の交換
  • 出版と研究における合弁事業

上記に基づいたOBCとUTMの共同研究の第一弾として、イスラム法「シャリーア」(Syariah)のコンプライアンスに関するブロックチェーンを活用したプロジェクトを開始します。同プロジェクトはムスリム社会やイスラム圏に対して、仮想通貨を用いた新しい金融の仕組みを提供する試みとなります。

OBCでは、本提携に先立って、UTMコンピューター学部(SK)と協力して、ブロックチェーン技術に関する講義を最終年度の学生とSKの大学院生に対して行ってきました。ブロックチェーン技術を用いたフィンテック領域に多くの学生らが関心を寄せており、その多くがOBCへの入社を選択しています。
また、OBCでは、会社訪問、インターンシップ、情報共有、技術専門支援などのパートナーシッププログラムならびに教育研究のための寄付をUTMに提供してきました。

OBCとUTMは、ジョホール州をブロックチェーン開発特区としていくべく、マレーシア連邦政府とも協力をして共同プロジェクトを推進していく考えです。

なお、OBCは、マレーシアのイスカンダル開発エリア(※2)の中心地であるジョホール州の高層オフィス「メディニ9」を本社として同日より本格稼働を開始しました。「メディニ9」はマレーシア連邦政府の主導で展開している重点開発地域であり、OBCはその中心的存在であるMedini iskandal Malaysia Sdn. Bhd.(CEO:Dr. James Tee)との間で、当該地域をクリプトベイ特区(世界の仮想通貨関連業者に向けて優遇措置を取る地域)にすべく、マーケティング協力を行うことを合意しております。

 

※1 OK BLOCKCHAIN CENTRE SDN. BHD.は当社100%子会社のOKfinc LTD.(本社:マレーシア連邦領ラブアン)を親会社とする、当社の孫会社に該当します。

※2 2006年に開始されたマレーシア南端部のジョホール州を開発する巨大プロジェクトの総称。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。