2018年10月15日

世界トップ級のサイバーセキュリティ企業との協業に向け、米国・パランティア社(Palantir Technologies Inc.)の株式取得へ

増資を実行、日本・アジアでの情報セキュリティ分野への業容拡大、オウケイウェイヴ、上質なサイバーセキュリティサービス、製品提供へ

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)は、この度、世界でもトップ級のサイバーセキュリティ事業を行う米国・パランティア社(Palantir Technologies Inc.)への出資と情報セキュリティ分野での協業についての戦略的事業展開を決定いたしました。


近年、金融業界でのFinTech(フィンテック)分野の進展、業種横断的に複合的なビジネス分野として進展するIoT関連事業分野など、インターネットを中心としたICT(情報通信技術)は、個人情報や企業間のビジネス情報のデータ化、高度化を柱にすべての産業でそのビジネス上の基本的業務基盤、ビジネスインフラの根幹として完全に定着しつつあります。
一方で、インターネット空間やコンピューター上の問題、さらに何者かによるサイバー攻撃などが発生した場合、こうした21世紀のICT技術向上に伴う産業分野の成長や発展に致命的な問題や信頼性喪失など、ビジネス上の決定的障害をもたらす懸念も指摘されています。
現在、ICT分野での情報管理や技術発展を基本とした多くの産業進展の局面では、民間分野だけでなく、国や自治体など公的組織もふくめ、重大なリスク管理の焦眉の急である情報セキュリティ分野は業務上、ビジネス上の最重要課題となっています。

こうした現況をふまえ、当社は、高度なビッグデータ分析をセキュリティ分野で活用して急成長を遂げ、世界のIT関連企業の中でも、AI(人工知能)やサイバーセキュリティ領域において極めて評価が高く、米軍、CIA(アメリカ中央情報局)、NSA(アメリカ国家安全保障局)といった最高級の情報機密保持、情報管理を求められる組織など豊富な顧客との取引実績のある米国・パランティア社(Palantir Technologies Inc.)への出資と協業により、当社の事業拡大に大きく寄与できるものとの経営判断に至り、この度の増資とパランティア社の本株式取得を決定いたしました。
これにより、今後、当社は情報セキュリティ分野に新規参入し、日本ならびにアジアにおけるサイバー攻撃やハッキング防止を実現するサイバーセキュリティソリューションの共同展開、並びに仮想通貨分野を含むフィンテック領域に特化したアンチマネーロンダリング(KYC/AML)対策サービスの共同展開を進める協業について、パランティア社との協議を開始しております。

当社はオンライン上の個人向けサービス、企業向けソリューションを主たる事業とし、AI(人工知能)、ブロックチェーン(Blockchain)、チャット(Chat)の頭文字を取った「ABCテクノロジー」をサービス開発におけるコア技術と位置づけてきました。その上で、サイバーセキュリティ(Cyber Security)対策については、CSIRT(コンピューターやネットワーク上のセキュリティ上の問題の監視・対応組織)設立をしており、当社の事業推進において、更なるサイバーセキュリティ対策に注力していきます。
特に、海外子会社のOKfinc LTD.(本社:マレーシア)では、仮想通貨を含むブロックチェーン関連コンサルティング事業を手がけており、これらの事業を推進するにあたりサイバーセキュリティ技術の確保にも注力します。

本件事業展開に係る、パランティア社の本株式取得については、本年(2018年)7月25日に合意に至り公表したOctave Ventures LLC(以下「Octave社」)との協議を踏まえ、Octave社代表者のマイケル・サング・キム氏によって設立された投資目的会社であるOctave Tech Investment S2 LLCを子会社(孫会社)化し、当該投資目的会社を通じて今後2,500万米ドル相当のパランティア社の株式を取得していきます。このため、当社は本日までにOctave社と当社子会社OKfincの間で合意書を締結し、この事業展開に関連した事業資金調達のため、第三者割当による新株式、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債、第15回新株予約権、のそれぞれの発行を決定しました。

本件増資に関するスキーム詳細につきましては、本日2018年10月15日付けで適時開示しております「Palantir Technologies Inc.株式の一部取得及び子会社(孫会社)の異動並びに第三者割当による新株式、第1回無担保転換社債型新株予約権付社債及び第15回新株予約権の発行に関するお知らせ」をご参照下さい。

当社は「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」という事業理念に則り、人々がより安心して安全な産業振興へ取り組むことなどを含む、様々な創造的な活動ができるよう社会に寄与することに務めてまいります。

■米国・パランティア社とは

名称: Palantir Technologies, Inc.
所在地: 100 Hamilton Avenue, Suite 300, Palo Alto, California, USA
代表者: Peter Thiel (Chairman)、Alex Karp (CEO)
事業内容: ソフトウェアの開発販売 等
設立: 2003年5月6日

※2017年11月の米国調査会社CBインサイツによる調査では、Palantir社は世界のユニコーン企業としてUberやAirbnbと並びトップ10にランクインしています。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。