2018年11月14日

米国・パランティア社(Palantir Technologies Inc.)との業務提携契約を締結

パランティア社の不正取引検知製品をアジア地域の仮想通貨取引所等へ共同展開

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)は情報セキュリティ市場に新規参入し、ビッグデータ分析による不正取引検知分野で急成長を遂げている米国・パランティア社(Palantir Technologies Inc.)と、仮想通貨業界向けのセキュリティソリューションの提供に関する戦略的業務提携契約を2018年11月14日に締結しました。


このたびのパランティア社との業務提携は、同社が開発するビッグデータ分析製品等を、アジア各国の仮想通貨業界に対して販売する権利を当社が付与され、両社による共同マーケティングなどの協業を行うものとなります。
パランティア社が開発するビッグデータ分析製品は、非構造化データ(※1)の統合・分析を容易に実現できる汎用性の高さを強みに、テロ対策、災害支援、サイバーセキュリティ、金融犯罪摘発、データ駆動型処理、生体研究、顧客審査などの幅広い用途に用いられています。
本協業により、当社は情報セキュリティ市場に新規参入し、仮想通貨取引所をはじめとする仮想通貨業界各社に、パランティア社製品を用いたハッキング防止を実現するサイバーセキュリティソリューションならびにアンチマネーロンダリング対策サービス(KYC/AML)(※2)の共同展開を行っていきます。

当社はQ&Aサイト「OKWAVE」やFAQシステム「OKBIZ.」などの自社製品サービスへのブロックチェーン技術の応用や、海外子会社によるブロックチェーン導入および運用コンサルティングの提供や仮想通貨周辺製品の取り扱いを進めています。当社はパランティア社との業務提携により、当社のブロックチェーン/仮想通貨領域での事業アセットと、当社自身の運営サービスや製品における情報セキュリティの取り組みによって蓄積してきた知見にパランティア社の高度な製品を組み合わせて法人、個人それぞれにソリューションを提供することで、仮想通貨周辺における情報セキュリティ市場への進出を図ってまいります。

なお、本業務提携にあたっては、サイバーセキュリティ技術領域への進出と投資を目的に本年7月より業務提携している投資会社のOctave Ventures LLC(本社:米国デラウエア州、Manager: Michael Kim)が契約締結に向けてマネジメントを行いました。また、キャンターフィッツジェラルド証券株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:村田 光央)が本業務提携に関わるファイナンスのパートナーとして参画しています。

当社は「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」という企業理念に則り、人々がより安心して安全な産業振興へ取り組むことなどを含む、様々な創造的な活動ができるよう社会に寄与することに務めてまいります。

 

※1 非構造化データとは、顧客情報や購入履歴のようなデータベースで管理されやすいデータではないデータの総称。音声、動画、SNSの発言ログなど、今後さらに増加していくため、どう有効活用するかが課題とされている。

※2 KYC(Know Your Customer)は新規口座を開く際に要求される書類手続き等の総称。正体不明のものが口座開設した場合、その口座がマネーロンダリングに利用されていても、実態が把握できないため、実在している個人、若しくは会社が口座を開設しようとしているか確認が必要となる。
AML(anti-money laundering/マネーロンダリング対策)は、不自然な取引、振り込め詐欺などの不正口座取引、反社会的勢力やテロ資金、融資詐欺の排除などの総称。

 

■米国・パランティア社について

名称: Palantir Technologies, Inc.
所在地: 100 Hamilton Avenue, Suite 300, Palo Alto, California, USA
代表者: Peter Thiel (Chairman)、Alex Karp (CEO)
事業内容: ソフトウェアの開発販売 等
設立:  2003年5月6日

※2017年11月の米国調査会社CBインサイツによる調査では、パランティア社は世界のユニコーン企業としてUberやAirbnbと並びトップ10にランクインしています。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。