2018年12月11日

企業への「利用者同士で製品・サービスの疑問を解決する コミュニティ」設置の要望は80%以上に

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)の総合シンクタンクであるオウケイウェイヴ総研(所長:大山泰)は、PCやスマートフォンなどの通信機器や電化製品の使い方に関する疑問を、利用者同士で解決する「ネット上のコミュニティ」のユーザーにアンケートを実施しました。その結果、調査対象者の80%以上が、製品やサービスに関する困りごとの解決のために、使い方に詳しい人が参加している「利用者同士で解決を目指すネット上のコミュニティを用意してほしい」と考えていることが分かりました。

https://www.okwave.co.jp/ri/report/report181211/


今回の調査では、PCやスマートフォンなどの通信機器や電化製品の使い方に関する疑問を、利用者同士で解決する「ネット上のコミュニティ」のユーザー(※)に対して、利用動向についてのアンケート調査を実施しました(実施期間:2018年10月10日(水)~12月3日(月)、有効回答件数:441件)。
アンケート結果を分析した結果、「ネット上のコミュニティ」で製品サービスの使い方に関する疑問を解決できなかった人も含め、調査対象全体の80.8%の人が、今後も製品やサービスで困りごとがあった際には「コミュニティをまた利用したい」と回答していました(図1)。
さらに、アンケート回答者全体の83.2%が「他の企業にも利用者同士で製品・サービスの疑問を解決するコミュニティを設けてほしい」と回答していました(図2)。
今回のアンケート結果から、製品やサービスを利用して困った際には、ネット上のコミュニティでユーザー同士や詳しい人からの回答による解決を期待する人が多いことが分かり、ICT時代には企業への問い合わせだけではなく、新たな解決の場が求められていることが明らかになりました。

■調査概要
調査対象: 利用者同士で解決する「ネット上のコミュニティ」のユーザー
実施方法: アンケート
調査期間: 2018年10月10日(水)~12月3日(月)
有効回答件数: 441件
結果詳細: https://www.okwave.co.jp/ri/report/report181211/

■調査結果抜粋

オウケイウェイヴ総研と調査レポートに関する企業からのお問い合わせ先
お問い合わせフォーム

※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。