2018年12月21日

子会社OKfincとマレーシアの仮想通貨交換所「Bit-M」が包括的提携に合意

仮想通貨取引所におけるサイバーセキュリティとマーケティングの支援を実施

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)の子会社OKfinc LTD.(本社:マレーシア・ラブアン、CEO:松田 元、以下、OKfinc)は、マレーシア企業CHAIN NET SDN. BHD.(本社:マレーシア・クアラルンプール、代表者:Thomas Ng、以下、CHAIN NET)と、同社が運営する仮想通貨交換所「Bit-M Exchange」(以下、「Bit-M」)におけるサイバーセキュリティ対策ならびにマーケティング支援を提供する包括的提携に合意しました。


このたびのOKfincとCHAIN NETによる包括提携は、CHAIN NETが運営する仮想通貨取引所「Bit-M」におけるKYC/AML(マネーロンダリング対策)やハッキング等のサイバーセキュリティ・リスクに対して、包括的かつ戦略的なパートナーシップの下で両社が協力し、OKfincがオウケイウェイヴグループの知見に基づいたコンサルテーションと技術的支援、サイバーセキュリティ・ソリューションを提供するものとなります。また、マーケティングに関しても同様に包括的な支援を行います。

当社グループは「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」という当社理念に則り、人々がより安心して安全な産業振興へ取り組むことなどを含む、様々な創造的な活動ができるよう社会に寄与することに務めてまいります。

■「Bit-M Exchange」について

「Bit-M」はマレーシアに拠点を置き、仮想通貨取引所として初めて同国財務省から法的通貨取引を行う許可を取得しています。大手仮想通貨取引所の「Bit-Z」と戦略的パートナーシップを結んでいます。

■OKfinc LTD.について

OKfinc LTD.はマレーシアに設立した株式会社オウケイウェイヴの100%子会社です。ブロックチェーン導入・運用支援コンサルテーションを中心としたブロックチェーン関連事業を手がけています。


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。