2019年8月30日

「J-CPAC2019」の「暗号資産と保守運動の未来予測」セッションに当社代表・松田が登壇

グループ会社OKfincとOBCが受託するブロックチェーン活用の事例を紹介

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元)の代表・松田元が2019年8月31日(土)、9月1日(日)に開催される「J-CPAC2019」(※1)の「暗号資産と保守運動の未来予測」セッション(実施日9月1日)に登壇します。


「暗号資産と保守運動の未来予測」セッションは、当社グループ会社OKfinc LTD.(本社:マレーシア連邦ラブアン、CEO:松田 元、以下、OKfinc)とOK BLOCKCHAIN CENTRE SDN. BHD.(本社:マレーシア・ジョホール州、CEO:松田 元、以下、OBC)がブロックチェーン戦略設計と開発を行っている「Liberty Ecosystem」(※2)の紹介と、暗号資産技術と関連の法制度を議論するセッションとなります。
松田は、米国における暗号資産の第一人者である米国造幣局長エドモンド・モイ氏(第38代)らと暗号資産の未来予測やLIBRAなどの議題に参加します。

 

※1 「J-CPAC2019」は、米国のトランプ大統領をはじめ、有力政治家・有識者が多数集まるアメリカ最大級のポリティカル・カンファレンス「CPAC」の日本版として2017年から開催されている、世界のいまを考える保守派のポリティカル・カンファレンスです。

開催日: 2019年8月31日(土)、9月1日(日)
会場: イベントスペース「EBiS303」
(東京都渋谷区恵比寿1-20-8 エビススバルビル)
主催: J-CPAC2019実行委員会
協力: American Conservative Union (ACU)
Japanese Conservative Union (JCU)
Asia Pacific Conservative Union (APCU)
URL: http://jcpac.org/

 

※2 「Liberty Ecosystem」は世界の保守政治家の政策提言や議会での投票行動への評価と支援を、ブロックチェーンとトークンを用いて行う、シンガポール企業LIBERTY ECOSYSTEM Pte Ltd(業務執行役員/Managing Director:YASU KIKUTA、以下、LES社)のプロジェクトです。
詳細:http://www.libertyeco.com/


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。