2019年11月27日

「c0ban取引所」運営のLastRoots社、仮想通貨交換業者登録のお知らせ

「感謝経済」プラットフォームの規模拡大と「c0ban取引所」の取引量拡大を目指す

日本初、最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営する株式会社オウケイウェイヴ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松田 元、以下「オウケイウェイヴ」)の子会社で「c0ban取引所」を運営する株式会社LastRoots(本社:東京都中央区、代表取締役:古瀬 保弘、以下「LastRoots社」)は、本日、資金決済に関する法律に基づく仮想通貨交換業者として関東財務局への登録が完了しました。


LastRoots社は2017年3月に仮想通貨取引所「c0ban取引所」を開設し、同年9月27日に資金決済に関する法律第63条の3第1項の規定による仮想通貨交換業者の登録申請書を関東財務局へ提出し、それ以降「みなし仮想通貨交換業者」として営業してきました。2018年4月6日に関東財務局から業務改善命令を受けましたが、本日登録の完了をもって継続的な報告が終了となりましたことを併せてお知らせいたします。

2019年4月16日にオウケイウェイヴによるLastRoots社の連結子会社化が完了しました。LastRoots社は「c0ban取引所」の運営を通じて、顧客資産の保護と、仮想通貨「c0ban」の取引量を拡大していくことに注力する考えです。また、オウケイウェイヴが保有する年間訪問者数約8,000万人の「感謝経済」プラットフォームに「c0ban」を組み込むサービスを展開することで、「c0ban」ホルダーの増大、取引量の拡大、流通価値の上昇を図りながら、他にはない現実社会で活用可能な仮想通貨およびそれを利用した新たな経済圏を創出し、オウケイウェイヴのMISSIONである「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」ことを目指してまいります。なお、「感謝経済」プラットフォームに「c0ban」を組み込む方法やサービスの内容については、今後、法制度等を鑑みながら検討してまいります。

LastRoots社の仮想通貨交換業者登録完了について、オウケイウェイヴ代表取締役社長の松田元は下記のように述べています。

「この度、LastRoots社が仮想通貨交換業者として正式登録に至ったことを心より嬉しく思います。仮想通貨市場では、大規模ハッキングやAML問題などの深刻な社会課題にさらされ、グローバル市場においても、有望なプロジェクトであっても事業を進められない事態もありました。
こうした状況の中、ブロックチェーン技術の未来を信じ、仮想通貨の健全なユースケース(実用化)発展に向けて真摯に取り組み続けた国や企業の努力が今日の我が国の仮想通貨市場の礎になっていると思います。
仮想通貨市場は様々な困難を乗り越え、徐々に国際的なレギュレーションも整いつつあります。
そしてレギュレーションのモデルをいち早く世界に発出し、最先端にいるのが我が国です。”仮想通貨先進国”と言っても過言ではない我が国において、正規の仮想通貨交換業者として「c0ban取引所」を運営させていただくことは、オウケイウェイヴグループが実現しようとしている「感謝経済」プラットフォームを推進する重要なステップとなります。より多く感謝されている人が経済的にも報われる社会を「感謝経済」プラットフォームは目指しており、仮想通貨「c0ban」が果たす役割はとても大きなものになります。グローバルな市場連携を含め、「感謝経済」プラットフォームと「c0ban取引所」のこれからの躍進を、是非ご期待ください。」

 

■株式会社LastRootsについて

会社名 株式会社LastRoots
事業内容 仮想通貨交換業並びにブロックチェーン技術による企画、システム開発、情報配信サービス
設立年月 2016年6月2日
本社 東京都中央区日本橋人形町1丁目3番6号 AIC共同ビル人形町 5F
代表者 代表取締役 古瀬 保弘

 


※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。