2018.7.30 サポート豆知識

RPAは仕事を奪う!?目指すべきヒトとITの共生とは

RPA(Robotic Process Automation)とは?

折からの人手不足や働き方改革、また企業における構造改革の要請などを背景に、いよいよRPA(Robotic Process Automation=ロボティクス・プロセス・オートメーション)が爆発的に浸透するフェーズに入ってまいりました。RPAとはAIや機械学習などの認知技術も取り入れながら、システム操作やデータ処理作業をソフトウェアに認識させ実行することにより、操作・処理作業を自動化するソリューションです。RPAの活用は業務効率化・全体パフォーマンス向上・コスト削減・人財の再配置等、様々な効果を通して企業収益の拡大に貢献することが期待されます。

RPAの利用例とヒトとの共生

反復的に類似作業を行うことに長けているRPAは企業活動の中において様々な用途に活用されます。例えば注文伝票からの受注入力処理、夜間バッチ処理、画像認識技術やAIを活用し多様なフォームのある請求書の各項目を認識・認知することによる請求処理システムの該当項目への入力・処理など、ホワイトカラーの業務における多くの作業において導入を検討することが可能です。また昨今のITエンジニア不足を背景に、旧システムから新システムにシステム移行する際のデータ移管に活用されるケースなども出てきております。

一方で現実的に発生する自動処理できないイレギュラー対応、RPA導入以前のビジネス目標の設定や業務プロセス設計、RPA導入・運用における設定・チューニングなど、RPAを導入することによりヒトの役割がなくなるわけではなく、寧ろその役割が顕在的に明確化されます。また作業の自動化により余裕の出たヒトの有効時間をコア業務や新しい取組みに振り向けることにより、更にビジネスの拡大発展を図ることが期待されます。このようにヒトの役割を再定義しヒトとITが共生しながらビジネスを昇華発展させることが、これからの企業活動においては非常に重要であると考えております。

サポート部門におけるRPAの活用

サポート部門においてもRPAの活用は始まっています。具体的には、オンサイトサポート(出張訪問サポート)が発生した際の、オンサイトスタッフへの作業依頼書を作成する際に必要なデータや地図情報などをRPAを利用して自動作成し該当オンサイト部門へ配信するケースなどが挙げられます。また日次・週次など定期レポートを作成する際のデータ集計操作、定量レポート作成作業などの定型業務の他、AI・機械学習を取り入れることにより、CRMシステム上で管理者が行っている問い合わせメールの担当振り分け操作やAI・チャットボットの応対力を高度化するための応対履歴データの分類・蓄積処理など、今後の業務自動化におけるRPAの活用余地はまだまだ十分にあると考えられます。

RPAの導入に際して

このようにビジネスの発展昇華を図る上で有効なソリューションと位置付けられるRPAですが、実際の導入に際しては色々な観点からの検証や意思決定が必要です。

・自社、自部門のビジネスはどのようにありたいか?(目的・目標設定)
・目的を達成するために解決すべき課題は何か?
・課題を解消するために何を自動化すべきか?(自動化すべきでないか?)
・自動化すべき業務、タスクはどうしたら自動処理できるか?(業務プロセスの再構築)
・現実的にRPAは有効に機能するか? (対象システムをRPAが認識できない場合もあります)
・関係部門、関係者との導入合意をどのように図るか?
・RPA導入後の運用、保守や発展利用への道筋をどのようにつけるか?

上記は一般に業務改善を、自動化を図ることにより達成する着眼点の主なポイントになりますが、導入した後に「こんなはずじゃなかった」ということにならぬよう、構想検討とトライアル(PoC)の段階でしっかり目的設定と意思統一を図り、必要要件を満たす最適なRPAソリューションを選定して導入フェーズに進むことをオススメいたします。

この記事の執筆者

倉林 公薫(日本プロジェクトソリューションズ株式会社)

倉林 公薫(日本プロジェクトソリューションズ株式会社)

「プロジェクトマネジメント」をコアドメインとして課題解決、目的達成に向けた実効的なご支援を行っており、そのソリューションの一つとして「RPA導入・運用支援サービス」をご提供しております。
URL:https://www.japan-project-solutions.com/

関連キーワード

おすすめ記事