2018.7.30 レポート

【イベントレポート】マネジメント層向け OKBIZ.ユーザー会 2018

2018年7月10日に、オウケイウェイヴ主催「マネジメント層向けOKBIZ.ユーザー会2018」をベルサール御成門タワーで開催いたしました。

OKBIZ.ユーザー会は、企業理念の「互い助け合い」の精神のもと、弊社から日頃の感謝をお伝えすると共に、ユーザー様同士のネットワーキングの機会としていただきたく、年に3回東京と大阪で開催しております。毎年7月は、マネジメント層の方々をお招きし、広くビジネスにお役立ていただけるコンテンツや交流の場をご用意しております。

今年は「Customer Growth」をキーワードに、OKBIZ.のユーザー企業様と弊社、またユーザー企業様とその顧客であるエンドユーザーの皆様と共に成長していくための知見を深めることをテーマに開催させていただき、カスタマーサポート業務に携わる方々や、各部門の責任者の方など130名の皆様にお集まりいただきました。

【OKBIZ. Networking AWARD】 株式会社ファンケル様 「皆様とよりよいサービスの提供を目指していきたい」

当ユーザー会の目的でもあります「ユーザー様同士の交流と助け合い」を実践し、多くの「ありがとう」を生み出していただいた企業様を表彰させていただいております。 今年の受賞企業は、数多くの企業様との交流や情報交換を促進いただいた株式会社ファンケル様です。 ご登壇いただきました、株式会社ファンケル 西村和之様は「みんなが幸せで、思いやりのあるハートを持った人がもっと増えてほしい」と語り、「ここにいる皆様と、業種は違ってもよりよいサービスの提供を目指していきたいと思います」との、暖かく力強いコメントをいただきました。

【ゲスト講演】 お客様が成長することで企業の顧客生涯価値が上がる

慶応大学大学院 経営管理研究科 教授  余田 拓郎氏 『BtoBマーケティングを進化させるために:Relationship Management 再考』

企業が継続的にビジネスを拡大していく上で重要な、既存顧客との関係性強化についてマーケティングの観点から講演いただきました。 余田氏は「リレーションシップを軸に企業の収益性を高めていくことを考える際に、お客様が成長することで企業の顧客生涯価値が上がっていくことが重要」と語り、リレーションシップマネジメントを考える上でのポイントとして「顧客関係を考える」「効率性を高める」「定量化を進める」を上げ、営業活動やマーケティングについて様々なBtoB企業への調査データを元に詳しく説明されました。

【オウケイウェイヴセッション】 QAをハブにして、感謝の力がユーザーや企業を成長させる

株式会社オウケイウェイヴ 取締役 エンタープライズソリューション事業部  佐藤 哲也

弊社オウケイウェイヴからは「オウケイウェイヴの未来展望」と題して、FAQソリューションの今後の展望や、昨年より新たに取り組んでいる仮想通貨関連や感謝経済ビジネスについてお話させていただきました。 <感謝経済ビジネスについて> 「互い助け合いの場の創造を通して、物心両面の幸福を実現し、世界の発展に寄与する」をミッションに、個人間のお悩み解決のQ&Aサービスや、そのノウハウを活かした企業向けのFAQシステムを提供してまいりました。 会社創立から20年を迎える今年、Q&Aを通して生まれる個人と個人、個人と企業との「ありがとう」を価値化する新たな経済圏として『感謝経済プラットフォーム』を展開してまいります。 今後もユーザー企業の皆様や、皆様の製品・サービスをご利用されているエンドユーザの皆様と共に、成長していけるサービス・ソリューションを提供してまいりますので、引き続きどうぞよろしくおねがいします。

懇親会

各セッションの終了後には、同会場にて立食パーティー形式での懇親会も開催いたしました。ご参加いただいた皆様同士、ご業務にまつわる情報交換から趣味のお話まで和気あいあいと盛り上がっていました。

ユーザー会を終えて

「ビジネス層向けユーザー会2018」は、おかげさまで大盛況のうちに幕を閉じました。 ユーザー会後のアンケートでは「他社様と交流できる貴重な機会でした」、「講演は今後のビジネスに参考になる内容でした」など、嬉しいお言葉をいただけ一安心しております。 ユーザー様同士の交流の機会として、今後も定期開催してまいります。 ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

関連キーワード

おすすめ記事