Project 1

ありがとうを科学する- ストレスと感謝の関係 -

満倉靖恵先生のコメント(慶應義塾大学 理工学部 システムデザイン工学科 教授)

今回の実験結果から、感謝を伝えた方が伝えないよりもストレスが低い状態で2日目の業務に取り組めることや、感謝の伝え方でもストレス度に違いが出ることがわかりました。文面で感謝を伝えられたCグループの1日目と2日目のストレス度の差(-9.5%)は、例えるなら「冬に温泉に入る前と5分程度入った後に生じるストレス度の差」程度といえるでしょう。
Dentsu ScienceJam Inc.

満倉先生

この記事をシェア

ありがとうを可視化したツール