HOME > オウケイウェイヴ総研

オウケイウェイヴ総研

OKWAVE Research Institute

オウケイウェイヴ総研は、より多くの人々が活躍できる社会を目指した新たな経済圏『感謝経済』の考え方や、
ブロックチェーン技術が今後の日本や世界に与える影響や社会変革につながる可能性の探索と考察、
経済と社会の状況変化等の分析などを進めます。

最新コラム&総研レポート

オウケイウェイヴ総研所長・大山の感謝経済をめぐる考察コラムや、
Q&Aサイト「OKWAVE」に集まったVOC(Voice Of Customer/顧客の声)を掲載します。
商品開発やマーケティング、さらには政策や社会変革に役立つよう、発信を続けていきます。

「感謝経済」をめぐる“風景”|大山泰コラム

「感謝経済」をめぐる“風景”その4 〜 (情報の)非対称性について考える 〜

オウケイウェイヴ総研所長の大山泰による「感謝経済」を題材としたコラム第4弾

2018年10月31日発行

OKWAVE総合研究所長 大山泰コラム

「感謝経済」をめぐる“風景”その3 〜 ゲマインシャフトとゲゼルシャフトを止揚(アウフヘーベン)する視座の必要は 〜

OKWAVE総合研究所・所長の大山泰による感謝経済を題材としたコラム第3弾

2018年9月13日発行

OKWAVE総合研究所長 大山泰コラム

「感謝経済」をめぐる“風景”その2 〜 2009年度ノーベル経済学賞 “共有池(地)の悲劇を防ぐ“別の方法”が示唆するもの 〜

OKWAVE総合研究所・所長の大山泰による感謝経済を題材としたコラム第2弾

2018年8月7日発行

OKWAVE総合研究所長 大山泰コラム

「感謝経済」をめぐる“風景”その1 - 250年前に“経済学の祖”アダム・スミスが指摘していた“感謝経済”の源流 –

OKWAVE総合研究所・所長の大山泰による感謝経済を題材としたコラム第1弾

2018年6月29日発行