HOME > OKWAVE総合研究所 > 総研レポート > 「感謝経済」をめぐる“風景”その3 〜 ゲマインシャフトとゲゼルシャフトを止揚(アウフヘーベン)する視座の必要は 〜

OKWAVE総合研究所

OKWAVE Research Institute

コラム&総研レポート一覧

OKWAVE総合研究所・所長の大山泰による感謝経済を題材としたコラム第3弾

2018年9月 OKWAVE総合研究所レポート
「感謝経済」をめぐる“風景”その3 〜 ゲマインシャフトとゲゼルシャフトを止揚(アウフヘーベン)する視座の必要は 〜

OKWAVE総合研究所・所長の大山泰によるコラム、『「感謝経済」をめぐる“風景”その3
~ ゲマインシャフトとゲゼルシャフトを止揚(アウフヘーベン)する視座の必要は ~
人間の持つ合理性と共同体的“助け合い”の融合は可能か』をおおくりします。

このレポートのインフォグラフィックス

OKWAVE総合研究所長 大山泰コラム